読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Bugs, No Life

読んだ本や、プログラミング、システム開発等のねたを中心に。文章を書く練習なので少し硬派に書くつもりだけど、どうなることやら。

書籍検索API探索-楽天ブックス書籍検索API編

Librarian DEV

前回はGoogle Books APIを使って書誌情報の検索をしたが、yet another API*1として楽天ブックス書籍検索APIを試してみる。

楽天ブックス書籍検索API 情報源

同じく情報収集から。

公式

楽天ウェブサービス: 楽天ブックス書籍検索API(version:2013-05-22) | API一覧

やはりREST*2でリクエスト投げられると楽。
しかも日本語の情報源なのですごく楽。
ISBNから書誌情報を検索するだけなら、必須パラメータはapplicationIdとisbnだけでよいので、こんな感じ。
https://app.rakuten.co.jp/services/api/BooksBook/Search/20130522?applicationId=(YOUR_APPL_ID)&isbn=9784320097605

responseはJSON*3

制限

※短い時間の間に大量に、同一のリクエストURLへアクセスすると、一定時間利用できなくなる場合がございます。テストの際にはご注意ください。

とのこと。具体的には以下。

1つのapplication_idにつき、1秒に1回以下のリクエストとしてください。

http://webservice.faq.rakuten.co.jp/app/answers/detail/a_id/14261
試してみた結果(2014.12月の時点)

詳細は以下。
Books DB比較

試行したISBN件数:1,531
ヒット件数:963
ヒット率:62.9%
その他所見(完璧に私見):
Googleと比べるとヒット率は悪い。DBがもう少し充実するといいなぁ。
ただ、ヒットした書誌情報のタイトルはGoogleと比べても品質が良いように見える。
難を言うなら、長音(ー)で表現するべきがところどころでハイフン(-)になっているくらい。
人の眼で見る分にはデータの綺麗さはGoogleよりよさそう。



以上!

*1:wikipediaにあるような非公式であるという意図はありません。

*2:そういえば、Googleにしても楽天にしてもRESTって単語を使ってるけど、RESTfulな原理主義って廃れたのかな?まぁ、いいけど。

*3:callback指定可だけどjsで組まないから関係ない。